MENU

出会系で個人情報流出を防ぐ為に

出会系を使うのであれば、個人情報の取り扱いには十分注意する必要があります。

 

それは悪質な出会系だけではなく、優良な出会系でも同じで、トラブルなどに巻き込まれないために、個人情報をすぐに教えるのは辞めてください。

 

出会系やSNSなどは、誰でも気軽に簡単に使うことが出来ます。
ですが、ネット上の出会いというのは、多くの危険が潜んでいるんです。

 

個人情報

 

 

 

 

個人情報とは?

個人情報というのは、個人を特定できる情報のことを言います。
簡単にいうと、あなたを探すことが出来る詳細情報です!

 

危険度が低く、誰に教えても危険のない個人情報

・あだ名やニックネーム
・住んでいる都道府県
・職種
・年齢
・フリーメールアドレス

 

上記のものも情報ではありますが、この情報が流出したとしても、探し出せるような決定的な情報はありません。

 

出会系は多くの人が使っているので、同じような内容人も多くいるので、これらは危険度が低い個人情報と言えます。

 

 

危険度中の信用できる人だけに教えてもいい個人情報

・氏名
・携帯電話番号
・携帯のメールアドレス
・パソコンのメールアドレス

 

上記の個人情報だと、あなたであることをある程度特定出来るので、教える相手はしっかり見極める必要があります。

 

世間には、同姓同名の人もいますが、名らしい名前や苗字という人は、注意しなくてはいけません。

 

 

危険度が高く、絶対に教えてはいけない個人情報

・住所
・会社名
・職場の住所や電話番号
・身分証明書の情報
・銀行口座の情報

 

住所や会社名などは本人であることを証明できる情報です。
この情報を知られてしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性が非常に高い個人情報なので絶対に教えないでください。

 

個人情報が流出してしまうと、精神的なダメージを受けるだけじゃなく、社会的な信用も失ってしまう可能性があるので、仲良くなったとしても絶対に教えないようにしたほうが安全でしょう。

 

自分には関係ないと思っている人も多いと思いますが、そう思っている人ほど危険なので、自分にももしかしたら起こるかもしれないと思っていた方がいいでしょう。

 

出会系で好みの相手を見つけ、やり取りをしていると楽しいし、嬉しいと思います。
そうなると冷静な判断が出来なくなってしまいます。

 

興奮していると普段の何倍も大胆な言動に出てしまいがちなので、教えてしまう人が多いですが、軽い気持ちで教えたことによって、個人情報が流出すると自分を苦しめることになる可能性が高いです。

 

どんなに仲良くなって、楽しかったとしても、これらの情報は絶対に教えてはいけません!
出会系で知り合った人=素性のわからない人ということを絶対に忘れないでください。

 

 

 

出会系に登録する時の注意点について

出会系サイトは、どこにいても出会系を求めることが出来ます。
でもたくさんの危険が潜んでいるので、安全に使うためにどんなことに注意すればいいのか見ていきましょう。

 

年齢確認の無い出会系は違法!

出会系には年齢確認がしっかりある出会系とない出会系があります。

 

年齢確認なんて面倒!と思ってしまう人もいると思いますが、年齢確認は出会系サイト規制法によって定められているので、必ず行われる手続きです!!

 

ということは、年齢確認がない出会系は、違法であることがわかります。
でもこのような違法な出会系がたくさんあるので、個人情報の流出を防ぐためには絶対に使ってはいけません。

 

 

登録前に運営元を必ずチェックする!

先ほども言いましたが、年齢確認は義務付けられています。ですが、年齢確認があるからといって、全て安全な出会系ではありません。

 

年齢確認の手続きには、免許書や保険証などの本人の年齢が確認出来るものが必要ですが、その出会系は悪質な詐欺をしているサイトだと、あなたの個人情報などを回収される、転売される可能性もあるんです!

 

なので、出会系の運営元や利用規約をしっかり確認することが大切です。また料金体系なども確認しておくと、優良の出会系なのか悪質な出会系なのか判断することが出来るので、面倒に思わずしっかりチェックしましょう。

 

 

 

写メやプロフィールに関しての注意点とは?

SNSや出会系などに個人情報を公開すると、個人情報が流出する可能性があると言ってもいいでしょう。

 

人は誰でも自分には関係ないと思ってしまいますが、いつ誰の身に降りかかるかわかりません!!

 

個人情報の流出を最小限に防ぐために、写メやプロフィールに関しての注意点を紹介していきます。

 

プロフィールに写メを載せない

出会系のプロフィールに顔写真を載せると反応が良く、出会いのチャンスも増え期待できますが、悪い人も引き寄せてしまう可能性があるんです。

 

出会系には多くの人が使っているので、真剣に出会いを求める人もいれば、個人情報を回収する業者もたくさん潜んでいます。

 

なので個人情報の流出の被害に遭わないために、多くの人が見れる場所に写メを載せないようにしたほうがいいでしょう。

 

 

顔がはっきりわかる写メは載せない

写メは、やり取りをしてお互いのことをして、その人を信頼できるようになってから、相手に送るようにするのがオススメです。

 

でも最近は、個人情報を教えた後に脅迫されるなど、悪質業者とあとでわかる場合が多いので、写メを送る時は顔がはっきりしているものじゃなく、一部を隠すなど加工して送るといいでしょう。

 

ネット上で知り合った相手の中には、悪いことを考えている人もたくさんいるので、自分の守るためにも、しっかり対策したほうがいいでしょう。

 

 

流出してしまった時の対処法とは?

個人情報が流出と聞くと、まず皆さんが思いつくのが警察に相談だと思いますが、実は警察は民事不介入の原則があり、個人情報が流出したからといって、訴えたとしても事件性がない限り、積極的に動いてくれません!!

 

自分の個人情報が流出したとなると、焦ってパニックになってしまうと思いますが、被害が悪化しないためには、まずは落ち着いてください。
落ち着いてからしっかり対処していきましょう。

 

 

 

変更できる情報は出来るだけ早く変更する

携帯電話のメールアドレス・パソコンのメールアドレスなどの変更できる情報は、出来るだけ早く変更してください。

 

電話番号に関しては着信拒否することも出来ますが、出来れば新しい番号にしたほうが安全です!

 

個人情報が書かれている具体的なURLを見つける

警察や弁護士などに相談する場合は、個人情報が流出した証拠が必要になります。

 

あなたの個人情報が載っているURLがある場合は、差し止め請求が出来るので、証拠として持っていた方が良いです。

 

自分で判断しない!

自分で直接削除依頼をして、差し止め請求をしようとする人がいるかもしれませんが、これは絶対にしないでください。

 

消されると証拠が無くなってしまい、次に流出もわからなくなるので、証拠を押さえることが出来たら、自分で判断しないで、弁護士などに相談してください。

 

 

まとめ

何度も言いますが、出会系サイトにはたくさんの危険が潜んでいます。
出会系を使うのであれば、どんな危険やリスクがあるのか理解したうえで使うようにしましょう。

 

そして個人情報はとても重要なものなので、出会系には書き込まないでください。

 

氏名や住所、電話番号などを書いてしまうのは、とても危険なので、個人情報の流出を防ぐためにも大切な個人情報は簡単に教えないようにしましょう。

 

自分で対策をして使えば、危険を回避しながら使えると思いますので、是非参考にして対策していきましょう。

 

またもしも被害に遭ってしまった場合は、自分で解決しようとするのではなく、弁護士などに相談するようにしましょう。

出会系〜基礎知識〜

出会系トラブル

その他

出会系アプリ体験談をご紹介!

このページの先頭へ