MENU

印刷会社勤務のサラリーマンとの出会い

35歳の誕生日の直前に、出会い系サイトで初めて彼氏を見つけました。その前に付き合っていたのは20代のときで、その彼と別れてから私には男の人と縁のない毎日が過ぎていきました。彼を忘れられなかったというのが半分、あとは頑張っても出逢えないという焦りの時間でした。

 

出会い系サイトを利用したのはいちかばちかの賭けでした。一人目の人とうまくいかなかったらもうやめよう、こういうところじゃなくて、もっと会員制のお見合い相談などに行こうと決めていました。それが、本当に一人目の男性と出会って、付き合うことになったんです。彼は30歳、年下で、彼の方からメールをくれました。誰でもいいとは思っていなかったのに、何人かメールをもらうとやはり選んでしまいます。私は彼しかいいと思えませんでした。だから、やりとりを何通か続けて、会いたいと伝えて待ち合わせをしました。

 

たぶん無理だと思っていました。年下だし、ちゃんとした会社に勤めている人、私は35歳にもなってアルバイトを転々としていました。前の彼氏と別れてから、一時期鬱になり仕事をやめてしまってから、どこにも正社員としては採用されませんでした。なにもないから、早く結婚して家庭に入りたいとも思いました。それを年下の彼に背負わせるのは、多分彼の方が願い下げだと思いました。でも、彼は私が年上だからというたびに、それは関係ないと言ってくれて、また会いたいと連絡をくれました。

 

仕事のこともなんとも思っていないようで、むしろ時間などを自分に合わせてくれることを喜んでいました。忙しくて出会いとは無縁だったけど、やっぱり結婚して帰る家を持ちたいと思っていたと、私みたいに家庭を大事にしそうな人がいいなと、酔って言われたときに、買い被りすぎだと泣いてしまい、取り乱す私に、結婚を前提に付き合ってほしいと告白してくれました。

 

私は彼のためになら、何でもできる気がして、今更ながら料理の基本から、家事がなんたるかを一から勉強して、私は外で働くより家事に向いていることに気づきました。今ではかなり腕前も上達して、おせち料理なんかも簡単に作れるようになり、彼のお母さんからも褒められました。やっと心地いい居場所を見つけたと思いました。出会い系サイトを使ったのは最初で最後、でも、あのとき私が他の道を選んでいたら彼に出会えませんでした。そういう一期一会が奇跡に思えて、だからこそ彼を大切にしたいと思っています。

出会系〜基礎知識〜

出会系トラブル

その他

出会系アプリ体験談をご紹介!

このページの先頭へ